漏水ゼロの信頼性と、省力化の環境負荷 低減施工法。

樹脂管プレハブ加工

ポリブテン管は耐熱強度や長期寿命の向上、耐薬品性、柔軟性といった特性を活かし、常温の水から温水にわたる広い使用範囲での、建築設備・住宅向けの給水、給湯配管や冷暖房空調用配管として、普及してきました。
水道用JIS規格の制定により0.75MPa以下の水道用配管材料として給水部分での需要を拡大してきたほか、消防予第33号「合成樹脂管を消火設備の配管として使用する場合の取扱いについて」の通知により、合成樹脂管を消化管に使用することが可能となり、消火用スプリンクラー配管にも適用され現在に至っています。

ポリブテン管の特徴

施工が簡単で経済的
軽量且つ可とう性に優れ、小口径では長尺配管が可能です。
環境に優しい
廃材からはダイオキシン等の有害物質が出ません。
耐熱性に優れている
水温90℃水圧0.4MPaで使用する事が可能です。
腐食に強い
鋼管と比べ塩素水による腐食、電食、孔食が少なく、赤水の発生源がありません。
保温効果に優れている
熱伝導率が鋼管の1/250、銅管の1/1700と非常に小さい為、放熱ロスが少なく済みます。
平滑性に優れている
パイプの内面が滑らかな為、湯あかが付着し難く、経年変化による流量の低下がありません。

プレハブ配管のメリット

工期
在来配管(現地施工型)と比較すると約2倍以上の工数短縮が図れます。
施工
現場では加工したパイプを広げ、規定位置に支持するのみなので、施工管理が容易です。
品質
工場内にて加工を行うため、安定した品質管理が可能となり、継手接続部からの漏水事故を低減します。
環境
基本的な廃材の出ない配管システムです。パイプ廃材が出た場合においても可燃屑処理が可能であり、現場での産廃が削減されます。

ポリブテン配管プレハブ加工の品質管理

多様な分岐工法

先分岐工法
比較的距離の短い水回り配管の施工の適しており、省コスト化が図れます。
サヤ管ヘッダー工法
ヘッダー側及び器具側の継手を取り外せば内装を壊すことなくパイプ更新が可能です。
複数の水洗を同時に使用した場合でも流量変動は少なく、また湯待ち時間も短縮できます。
ループ工法
主管部がループ(輪)構造であるためサイズダウン(全て13A)が図れます。
また複数の水洗を同時に使用した場合でも流量変動は少なく、また湯待ち時間も短縮できます。

製品紹介

Jワンクイック2

  • 詳細を見る
  • CAD図形データ(dxf)

JFEポリブテン管Eロック-SPシステム

  • 詳細を見る