会社概要

沿革

1935年 東洋鉄管継手(株)として設立。印継手の製造販売を開始。
(前身となる東洋継手製作所は1919年に大阪市内で設立)
1944年 日本鋼管継手(株)と改称し、日本鋼管(株)の系列下に入る。
1951年 JIS B 2301 ねじ込み式可鍛鋳鉄製管継手表示の許可を受ける。
東京出張所を開設。
1955年 工業標準化優良工場として、大阪通商産業局長賞を受賞。
1959年 無災害記録150万時間達成により労働基準局長賞を受賞。
工業標準化優良工場として、工業技術院長賞を受賞。
1960年 わが国初の自動ニップルマシンを導入し、鋼管製管継手の製造販売を開始。
1965年 JIS B 2302 ねじ込み式鋼管製管継手(パイプニップル)表示の許可を受ける。
1971年 エポキシ樹脂被覆継手(PL継手)の製造販売を開始。
1975年 ダクタイル製品の製造販売を開始。
1976年 樹脂被覆継手JIS表示の許可を受ける。
1977年 メカニカル継手の製造販売を開始。
1982年 ポリエチレン樹脂被覆継手(防食継手)の製造販売を開始。
1985年 無災害記録413万時間達成。可鍛鋳鉄業界の無災害新記録樹立。
試験研究棟完成。
1986年 ロイド船級協会認定工場(ねずみ鋳鉄及びダクタイル鋳鉄)となる。
鋳物砂再生プラントの完成及び販売開始。
1988年 工業標準化優良工場として、大阪通商産業局長賞を再受賞。
1990年 川崎工場(現 川崎製造所)にて防災プレハブ配管の製造販売を開始。
1991年 JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品(FCD)表示の許可を受ける。
1995年 本社工場敷地内に関西配管加工センター(現 配管加工センター)完成。
1996年 関西配管加工センターでポリブテン管加工事業を開始。
1997年 ISO 9001(設計、開発、製造及び付帯サービス)認証取得。
1998年 関東配管加工室(現 川崎製造所) ISO 9001の認証を取得。
新販売管理システムが本稼動。
1999年 コア配送センターを本社工場内に移設。
2000年 『鋳物工場における廃棄物の排出抑制』で(財)クリーン・ジャパン・センターより会長賞受賞。
『PE-GMⅡ接合材料』を東邦ガス(株)殿・新和産業(株)殿と協同開発し(社)日本ガス協会技術賞を受賞。
2001年 本社工場内に継手配送センター建設。
2003年 ポリブテン管事業を日本鋼管(株)より継承し、販売開始。
JFEグループ創設に伴い、商号をJFE継手(株)とする。
焼きなまし炉(連続式高性能炉)竣工。
2004年 JFEスチールグループのガス用フレキシブル管の販売を当社に集約。
『鋼管用トランジション活管分岐継手』を協同開発し(社)日本ガス協会技術賞を受賞。
2006年 ISO 14001 (環境保全)認証取得。
2009年 ガス用フレキシブル管用継手「ネオジョイント」製造工場竣工。
2011年 「ネオジョイント」が、(社)日本ガス協会技術大賞を受賞。
2012年 高周波炉溶解設備竣工。
2015年 「シャッター装置不要型 鋼管/鋳鉄管用トランジション活管分岐継手」が、(社)日本ガス協会技術大賞を受賞。

PAGE TOP

JFE継手株式会社

本社・岸和田工場 〒596-8585 大阪府岸和田市田治米町153番地の1
TEL. 072-445-0285/FAX. 072-445-0291 本社営業部…TEL.072-445-6441

推奨ブラウザ:JFE継手ホームページでは快適にご利用いただくために、各ブラウザ最新バージョンの利用を推奨しています。

Copyright ©JFE-PF All Rights Reserved.