継手製品情報

プレハブ配管システム

近年のインテリジェントビル・ホテル・マンション等は高層化され、多目的なニーズに対応できるようになってまいりました。このようなビルに施工されるため各種配管工事は大幅に増加・複雑になってきております。

従来のような現場施工主体の工事では、技能者不足やまた現場環境等から工期の延長、残材処理等の問題が顕在してきており、部材のプレハブ化が望まれておりました。

これらの諸問題に対処すべく、当社では配管施工図からコンピュータにより、正確な部材加工図を作成し、設備の完備した工場で、鋼管の切断、継手類の接続等の加工を一貫して行ない、現場での溶接をほとんどゼロにするグルービング継手(当社商品名・Nベストジョイント)を取り入れたプレハブ配管システムを開発いたしました。

このプレハブ配管システムは、配管施工図に記載されている番号順に配管部材を組立てていくため、作業が簡単、迅速に行なうことができ、配管工事の省力化と工期の短縮が図られ、ビル建設工事等に大きく貢献し、時代の要請に応えるシステムです。

製造手順のフローチャート

製造手順のフローチャートは、こちらをクリックしてください。
[ PDFで見る ]

鉄管プレハブの特長

  1. JISねじが正しく切れます。
    高速自動ねじ切機により、規格通り正しく、なめらかで、美しいねじが切れます。
  2. 溶接作業が確実に行えます。
    熟練した作業者が溶接しますので、溶接欠陥の心配はありません。
  3. グルービング加工が適切に行なえます。
    専用加工機を用いますので、所定通りの寸法に確実に仕上げられます。
  4. 資材調達が迅速・確実です。
    パイプ、継手類は、自社およびグループ会社製造品を使用しますので資材調達が有利です。

樹脂管プレハブの特長

  1. 漏水ゼロの信頼性
    工場での完全プレハブ配管で、かつポリブテン熱融着接合により、管と継手が一体化していますので、接続部分の高い信頼性を実現します。また、工場と現場との二段階の水圧試験を実施することができ、漏水の心配はありません。
  2. 赤水ゼロの安全性と長寿命
    腐食に強く耐久性に優れたポリブテン管を使用しています。ポリブテンは有害な化学物質を一切使用していませんので、人体にも安全です。
  3. 省力化および環境負荷低減
    工場での完全プレハブのため、現場での施工が簡易となり省力化を図ることができます。
    さらに、現場での残材などの建築廃棄物が出ず、樹脂材の使用量が低減できます。

関東・関西の拠点からあらゆる配管のプレハブを提供

PAGE TOP

JFE継手株式会社

本社・岸和田工場 〒596-8585 大阪府岸和田市田治米町153番地の1
TEL. 072-445-0285/FAX. 072-445-0291 本社営業部…TEL.072-445-6441

推奨ブラウザ:JFE継手ホームページでは快適にご利用いただくために、各ブラウザ最新バージョンの利用を推奨しています。

Copyright ©JFE-PF All Rights Reserved.